腰痛・ムチウチ・肩こり・膝痛・生理痛などの痛み・痺れを治療 | 大阪市住之江区の「こう整骨院」
腰痛・ぎっくり腰

腰痛と一言で言っても、腰痛症(筋膜性)・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛など様々な要因があります。また、体を前へ倒すと痛い、反らすと痛い、じっとしていると痛い、動いた際に痛いなど症状にも違いがあります。
その中でも、何かした拍子に突然強い痛みに襲われるものをぎっくり腰(急性腰痛症)と呼びます。重いものを持った瞬間、身体をひねった瞬間、時にはくしゃみをした瞬間にも発生したりします。きっかけは様々ですが、重症な場合は痛みで全く動けなくなったりもします。

原因としては日々の運動不足・肉体疲労・肥満体質などがあります。それにより筋肉の血行が悪くなったり、筋肉疲労が生じて腰痛となるのです。
しかし、腰痛でも骨や神経に問題があったり、内臓に問題がある場合もあります。その場合には体重をかけて揉んでもらうことで悪化したり、症状が進行したときには手遅れということにもなりかねません。原因を検査してからの治療が必要となってきます。

そして、腰に問題を抱えている人の多くが腰や骨盤の関節の動きが悪いのです。
当院ではこれらの関節の動きを正しい方向へ正しい強さで動かすことにより、痛み・痺れ・筋肉の緊張といった症状のみならず血行も改善させていきます。
また、腰や骨盤の動きが悪くなる原因も人によって様々で、他の場所にあったりします。この原因を取り除き、負担のかからない使い方をしっかり憶えていただくことで再発なども予防しています。


ムチウチ

車の事故などで首が急激に大きく伸ばされ、頭が後ろになり、その反動で頭が前に折れ曲がる形となって、首にある関節・筋肉・神経・血管などの組織が傷ついて炎症を持った状態です。症状として、首の痛み・頭痛・肩こり・手の震え・手足の痺れ・感覚異常・体のだるさ・吐き気・集中力の低下・ふらつき感が挙げられます。また、脳に行く大事な血管や神経も通っていることでめまいや耳鳴り・息苦しさといった様々な症状が出る場合があります。


ムチウチ症は関節・筋肉・神経などのどれがどの程度損傷を受けているかで症状が異なるので、正確に症状を知ることが大切となります。
また体は、傷ついて炎症を持った組織を周りの筋肉が固くなることによって守ろうとしますが、その状態が続くことにより本来動くべきはずの他の関節までもが動かなくなります。そうすると症状がさらに悪くなる場合もあります。それぞれの症状に合った適切な対処が必要とされます。
そのため当院では一人ひとりに合わせた治療を行い、スムーズに症状を改善させる手助けをさせていただいています。


肩こり

肩から首にかけての筋肉が過度に緊張した状態で、痛みや重だるさをはじめ、腕の痺れや動きにくさ・集中力の低下・無気力など様々な症状を伴い日常生活に支障をきたします。
筋肉は本来緊張したり緩んだりすることで血液をスムーズに流す役割があるのですが、緊張した状態が長く持続することで血流が悪化し、さらに緩みにくい状況を作り出します。悪化すると時には頭痛・めまい・吐き気などの不快な症状が生じます。

きっかけは様々で、長時間のデスクワーク・眼精疲労・精神的に緊張していた・運動不足・何もしていないのに肩がこってきたなど人それぞれです。
ただ、症状が肩から首に出ているからといって原因がそこだけにあるとは限りません。元の原因を治療せず首や肩だけを揉むと一時的には気持ちよさを感じることになりますが、必ず再発することとなり、場合によっては筋肉の防御反応によりさらに硬さが増すという悪循環が発生します。
当院では、筋肉の緩みを阻害している根本的原因を治療することで筋肉本来の働きを取り戻し、症状を改善に向かわせます。この原因は一人ひとり違うので、お話をお伺いし全身を診ていくことで治療させていただきます。


膝痛

よく、膝が痛いのは歳のせいだと言われたという話を聞きます。痛いのが歳のせいなら、歳を取るとみんな膝が痛くなるということになりますが、もちろんそんなことはありえません。必ず原因があって痛みが起こっているのです。
階段の昇り降りのとき・椅子に座っていて立つとき・歩き始めのときなど様々なときに膝が痛くなり、そのたびに病院に行って「歳のせいだ」と言われたという話を聞くと悲しい思いがします。


絶対に歳だとあきらめないでください。少なくとも当院の来院者さんは、変形が残っていても、高齢の方でも旅行に行ったりしています。
その痛みは変形のせいでも歳のせいでもありません。関節から来ているのです。
ご自身が本当に「治りたい!治したい!」と思っているなら私たちはそのお手伝いができます。一緒にがんばりましょう。



生理痛
本来月経とは身体にあるべき現象ですので痛みは伴いません。痛みがあるということは身体や生活習慣のどこかに問題があるということを示しています。身体の関節の動きが悪いとその痛みが増強されます。
当院では、関節を治療することにより痛みを著減させます。また、身体が本来の動きを取り戻し自然治癒力が高まることにより、身体の変化を順調に行いやすくしていきます。


骨盤矯正

骨盤は上半身と下半身のバランスを取ったり内臓を収容し守ったりと身体において大切な働きをしています。
骨盤自体は寛骨(腸骨・坐骨・恥骨が合わさったもの)と仙骨・尾骨という骨でできており、特に仙骨と腸骨が仙腸関節を形成し、数ミリ単位で動くことにより様々な体の動きを調整しています。また仙骨と腰の骨で腰仙関節を、寛骨と大腿の骨で股関節を形成し上半身と下半身の力を受けながらバランスを取っています。
女性は体が出産をするつくりになっているので、生理周期ごとに開いたり閉じたりするのが特徴です。男性はこの機能がなく、もともと骨盤が開いたりずれて歪んだりすることは少ないのです。また骨盤は女性らしいスタイルを維持していくのに大切な部分です。骨盤の形状の違いから女性はウエストのくびれやヒップラインが綺麗に見えるのです。骨盤が歪むということはこの女性らしさを維持できなくなるということなのです。
そんな体の中心にある骨盤は全身から影響を受けて動き、また骨盤のずれやゆるみは身体全体に様々な影響を及ぼし不調の原因となります。

骨盤の歪みの原因として日常生活や仕事の不良姿勢・スポーツ・外傷(ケガ)など色々あります。これらの問題によって骨盤の歪みが起こり、姿勢にバランス不良が生じ、筋肉・血管・神経などにも影響を与え、症状の根本的な原因を作ってしまうのです。
それに女性の骨盤の内部には子宮や卵巣といった女性特有の大切な臓器が収まっています。そして、脳からこれら臓器への指令は骨盤の間を通る神経により伝達されます。骨盤が整っていないと生理痛・生理不順・子宮筋腫・不妊などの婦人科系の症状が現れることがあります。


ただずれているからまっすぐにすればいいのか、ゆるんでいるから閉めればいいのかというと必ずしもそうではありません。関節という構造になっている以上、正しい方向に適切な範囲で動いてこそ身体の中での役割を果たせます。全身からの影響を受けているのが骨盤なので、骨盤自体の治療とともに全身のバランスを整えて身体の正しい動きを取り戻し、様々な症状を改善させていきます。



交通事故

交通事故でのムチウチ等の外傷の治療には、いち早く適切な処置を開始することが、予後の治癒経過に大きく影響を与えます。
当院では、交通事故専門でもあり、急性期病院で交通事故直後からの治療の経験を持つ院長が、豊富な知識と臨床経験を活かし、患者さまの治療をプログラムします。


丁寧な問診と検査で患者さまの状態を把握した上で、お一人お一人の症状に適した施術を行っています。
また病院と提携しているので、必要に応じて病院への紹介も行っており、安心して施術を受けていただけます。


X線やMRIで異常なしと診断されても、自覚症状の強い後遺症で苦しむ患者さまの中には、関節の機能異常が原因となっている方が少なくありません。
事故の衝撃で関節に問題が起こっている場合、関節の治療を行うことで改善がみられます。


保険会社への対応や交通事故に関する書類等も、全面的にサポート致します。
社会復帰を果たし、日常生活で違和感を感じなくなるまで、安心して通院していただける体制を整えております。